一般社団法人 福島県鍼灸師会 会長 三瓶真一

 

福島県鍼灸師会のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本会は、昭和 24 年 11 月 13 日に郡山市の如宝寺において設立総会を開催して創立し、昭和 56 年 4 月に社団法人として認可、平成 24 年 4 月に一般社団法人へ移行認可され令和元年11月には創立70周年を迎えることが出来ました。

振り返りますと、設立以来県内において鍼灸単独の唯一の団体として、今日まで県民の保健福祉の向上と鍼灸師の資質向上を目指して邁進できましたことは、関係各位の絶大なご支援とご指導の賜物と感謝の念にたえないところであります。

本会の事業の核である毎年 3 回の定期講習会や、第 2 回大会から 25 年の長きに渡ってランティア参加している「郡山シティマラソン大会」、第 1 回の初参加から 10 年目となる「いわきサンシャインマラソン大会」、郡山保健所を会場とする鍼灸体験会の単独開催や、医療系多職種の市民健康祭りである「まるごとけんこうフェア」への毎年参加など、多種多彩な事業によって県民の皆さまの期待に十分応えられていることは、創立より70 年間に渡る諸先輩方の輝かしい不断の功労があってのものと、そのご恩を忘れることはありません。

本会が創立70周年を迎えた令和元年は、台風 19 号が本県に大きな被害をもたらしました。本会では登録されている災害支援鍼灸師を中心に、避難者に対し早期からボランティア治療を開始し、他団体とも協力しながら約1ヶ月でのべ 432 名の避難者に対して治療を行う事ができました。

このことは常日頃から本会会員がマラソン大会などでのボランティア治療などの際、避難所での治療を想定し、技術や学識、術者同士のチームワークを磨いてきたからこそスムーズに活動が出来たことであり、さかのぼれば東日本大震災での原発避難者など3ヶ月でのべ 1034名に対してボランティア治療を行った大きな経験からなし得たことです。

今後もより一層常に県民の皆様に寄り添い、健康福祉の増進に寄与することを決意いたしますので、関係各位におかれましては倍旧のご支援ご指導をお願い申し上げます。